生命保険の経済分析 : その役割と市場評価

橘木俊詔, 中馬宏之 編著

本書は、生命保険の需要と資産の運用、生保会社の経営と産業組織を経済学的に分析したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 生命保険の経済分析
  • 第1章 わが国の生保の概要と特色
  • 第2章 生命保険需要のマクロ分析
  • 第3章 生命保険需要のミクロ分析
  • 第4章 貯蓄型か掛け捨て型か
  • 第5章 定額年金の持つ非効率性
  • 第6章 年金の経済価値評価
  • 第7章 生命保険会社の資産運用と株式保有行動
  • 第8章 生命保険会社の効率性の計測
  • 第9章 固定費用と生命保険業における規模の経済性-日本の「系列」が資金調達に与える影響はどのようなものか?
  • 第10章 生命保険業の市場構造と成果

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命保険の経済分析 : その役割と市場評価
著作者等 中馬 宏之
橘木 俊詔
書名ヨミ セイメイ ホケン ノ ケイザイ ブンセキ
シリーズ名 郵政研究所研究叢書
出版元 日本評論社
刊行年月 1993.10
ページ数 297p
大きさ 22cm
ISBN 4535581312
NCID BN09747066
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93070226
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想