いのちと生きる

重兼芳子 著

ホスピス設立に力を注いできた著者が自らの闘病体験のなかでみつめた生と死。いのちとは何かを問う感動の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 不意の知らせ
  • 2 肝臓に影が…
  • 3 夫の狼狽
  • 4 長女の決断
  • 5 羽田の別れ
  • 6 札幌の病院で
  • 7 病名を知らない人々
  • 8 東京からの見舞い
  • 9 手術前の検査
  • 10 夫の葬儀
  • 11 若き日の出会い
  • 12 生死の引き綱
  • 13 突然の麻痺
  • 14 外泊の夜と朝
  • 15 大地に癒されて
  • 16 「第九」を唱う

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いのちと生きる
著作者等 重兼 芳子
書名ヨミ イノチ ト イキル
出版元 中央公論社
刊行年月 1993.8
ページ数 185p
大きさ 20cm
ISBN 4120022331
NCID BN09735034
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94007410
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想