コストダウンの科学 : VA(価値分析)入門

今坂朔久, 服部明 共著

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • 第一章 事実は小説より奇なり-儲けの盲点ここにあり / p15
  • ますVAの威力を知ろう
  • 数字は語るVAの成果
  • 米陸海空軍のVA効果
  • ウィルソン長官のVA手腕
  • わが国のVA効果例
  • VAの定義
  • VAの二大特質
  • 広義のVA(活動価値分析)
  • ツマようじに学ぶ
  • あいまいなコストと品質
  • 価値構成の二要素-機能と満足性評価
  • 満足性評価の二要因
  • 価値の公式
  • 価値分析-二つ以上の価値の比較
  • 機能の分類-実用的機能と装飾的機能
  • ぜい肉をけずれ
  • 基本的実用機能と付帯的実用機能
  • 本源的機能と転移的機能
  • マーケティング研究にもVAを
  • 組織研究にもVA手法を
  • 会社総ぐるみのVAマインドを
  • 第二章 コトスダウンのいろいろ-VAはどこに位置しているか / p57
  • なぜ第二の産業革命といわれるか
  • コストダウンの四大アプローチ
  • 機的化による二つのコストダウン
  • 機械力によるマスプロ化メリット
  • 比例費と固定費ということ
  • 操業度政策によるコストダウン
  • 操業度政策のカラクリ
  • 原価の魔術の種明し
  • VA的コストダウンの特色
  • 現業活動におけるVA意識の重要性
  • マネジメントによるコストダウン
  • 機会ロス発掘の実例
  • 機会ロスはどこにあったか
  • 管理技法によるコストダウン
  • 管理技法の正しい位置づけ
  • 第三章 VAの具体的進め方-平凡な情報を価値あるものに高める技術 / p95
  • VAの分析実例
  • VA手順の10ステップ
  • 価値の比較-現在と代替水準と代替案
  • 何をVAするのか-第1ステップ
  • 必要なハタラキは何き-第2ステップ
  • 機能定義化の四大ポイント
  • 原価把握を慎重に-第3ステップ
  • 情報収集こそキメ手
  • 情報収集整理の実例
  • 二次的機的による水準格差の検討-第4ステップ
  • 価値合成ということ-第5ステップ
  • 同じハタラキを果す方法は他にないか-第6ステップ
  • アイデア関発法のいろいろ
  • アイデアのしぼり方
  • 最終の代替案はどれか-第7・第8ステップ
  • 代替案の可能性はたしかか-第9ステップ
  • 売り込みとフォロー・アップの重要性-第10ステップ
  • 分析には一定様式表の利用を
  • VA技術のまとめ
  • 第四章 VAのトータル組織体制-独創力の組織化こそキメ手 / p167
  • VAの第二の特色-総合性
  • 現組織の盲点
  • 〝まとめて面倒みよう〟
  • VA組織作りの五つのかなめ
  • 必ずVA専任者を
  • VA専任者の資格と役割
  • VAセンターの位置
  • 横につなぐ四つの方式
  • VAセンターと各部門との任務の分担
  • レディーメードの組織は禁物
  • 全社的VAセンターの集中型
  • 全社的VAセンターの分散型
  • 全社的VAセンターのタスク・フォース型
  • 全社的VAセンターの委員会型
  • 特定部門VAセンター型
  • 第五章 VA実践の作戦要務令-VAを成功に導く秘訣 / p207
  • VA教礎祖をつくれ
  • トップをパトロンに
  • 設計、営業の参加体制を急げ
  • IE、QCと手をつなげ
  • 計数的原価管理と合体せよ
  • 総合的組織化を急げ
  • 業種別VAのちがいをどうするか
  • 初期的VA効果にまどわされるな
  • ワークショップ・セミナーのすすめ
  • ひろくVAマインドを
  • あとがき

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 コストダウンの科学 : VA(価値分析)入門
著作者等 今坂 朔久
服部 明
書名ヨミ コスト ダウン ノ カガク : VA カチ ブンセキ ニュウモン
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1966
ページ数 226p
大きさ 18cm
NCID BN09690242
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66003366
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想