いのちと医療 : 「認められぬ病」を超えて

柳沢桂子 著

著者自身が不合理な強いられた病床に長くあり、多くの医師に接触し、多くの病人をみ、不自由な身で老人を介護。余人の許さぬこの経験をもとに、生命科学者の透徹した目は、医療の問題をつき抜け、死の意識が希薄化する現代において「生きるとは何か」を深く問いかける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 『認められぬ病』のあとさき
  • 2 まじない師にされた医師たち
  • 3 死と老いの諸相
  • 4 認められぬ病
  • 5 自己決定権に目覚めた患者
  • 6 神の前に神とともに神なしに生きる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いのちと医療 : 「認められぬ病」を超えて
著作者等 柳沢 桂子
書名ヨミ イノチ ト イリョウ
書名別名 Inochi to iryo
出版元 山手書房新社
刊行年月 1993.7
ページ数 177p
大きさ 19cm
ISBN 4841301011
NCID BN09690231
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93056784
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想