争点日本の歴史  第2巻

白石 太一郎;吉村 武彦【編】

邪馬台国はどこにあったか?古墳の出現と消滅は何を意味するのか?騎馬民族はやってきたのか?古墳時代のムラや家族の実態は?大化改新は本当にあったのか?天皇制はいつ始まったのか?日本神話とは何か?…文献史学・考古学・文学の多彩な視点から、日本古代国家の形成期をめぐる争点と課題を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 邪馬台国と初期ヤマト政権
  • 2 倭の五王とその時代
  • 3 ウジ・カバネの成立
  • 4 古代国家への道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 争点日本の歴史
著作者等 吉村 武彦
白石 太一郎
書名ヨミ ソウテン ニホン ノ レキシ
書名別名 古代編. 1(古墳~飛鳥時代)
巻冊次 第2巻
出版元 新人物往来社
刊行年月 1990.12
ページ数 329p
大きさ 22cm
ISBN 4404017758
NCID BN09668979
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91069471
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想