無根拠からの出発

野家啓一 著

[目次]

  • 1 現象主義から現象学へ(世紀末の認識論-エルンスト・マッハと「ウィーンの精神」
  • マッハ哲学の現代的射程-時間・空間論を軸に)
  • 2 現象学への/からの越境(フッサール現象学の臨界-「意味論的還元」から「解釈学的還元」へ
  • 「幾何学の基礎」と現象学-ヒルベルト、フレーゲ、フッサール
  • 志向性と指示行為-フェレスダールの「ノエマ」解釈をめぐって
  • 志向性の目的論的構造-パトナムの現象学批判が意味するもの)
  • 3 無根拠からの出発(「生活世界」という背理-アルキメデスの点からノイラートの船へ
  • 超越論的認識と経験的認識-「基礎づけ」なき認識論を求めて
  • 哲学の終焉と終焉の哲学-R.ローティによる哲学の脱構築
  • 無根拠への問い-現代における「問い」の構造)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 無根拠からの出発
著作者等 野家 啓一
書名ヨミ ムコンキョ カラノ シュッパツ
書名別名 Mukonkyo karano shuppatsu
出版元 勁草書房
刊行年月 1993.9
ページ数 328, 12p
大きさ 20cm
ISBN 432615280X
NCID BN09660489
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94000392
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想