フェミニズムの困難 : どういう社会が平等な社会か

吉沢夏子 著

ミス・コンテストの問題や、性の商品化をめぐる問題などにおいては、いったい何が差別なのか、したがった何がどうなれば平等だといえるのか、必ずしも明確ではない。「男性と女性が平等である社会とはどういう社会か?」という問いは、今や答えることのもっとも困難な問いになっているのである。本書は、この困難な問いをけっして放棄することなく、常に問い続けるという姿勢を貫きながら、…暫定的ではあるが、「平等な社会」について、一つの明確なイメージを浮かび上がらせようとするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 モダニティとフェミニズム(二つのフェミニズム
  • 理論と戦略の乖離
  • 「政治」と「性」と「女」-フェミニズムの現代的困難)
  • 2 性愛という問題(ラディカル・フェミニズムの問題構制
  • 処女性の誤謬
  • 狂気と愛)
  • 3 <女>というリアリティ(ベビーフェイスとヒール-「アグネス論争」とは何だったのか
  • 補完する性-自明性を生きる男と女
  • 男装の意味-フェミニスト的実践の亀裂)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フェミニズムの困難 : どういう社会が平等な社会か
著作者等 吉沢 夏子
書名ヨミ フェミニズム ノ コンナン
書名別名 Feminizumu no konnan
出版元 勁草書房
刊行年月 1993.9
ページ数 239, 10p
大きさ 20cm
ISBN 4326651504
NCID BN09654919
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94000799
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想