般若思想史

山口益 著

[目次]

  • 1 印度古代精神文化の輪廓
  • 2 仏陀とその覚証-十二因縁と四聖諦
  • 3 仏教の阿毘達磨的展開
  • 4 龍樹に中観説-空と仮
  • 5 無著‐世親の瑜伽唯識-空への道の設定確立
  • 6 如来蔵思想-空・法性の歴史的実践
  • 7 中観瑜伽の歴史的交渉-付・清弁の教系
  • 8 プラーサンギカ中観派
  • 9 スワ゛ータントリカ派と瑜伽唯識
  • 10 中観思想の密教化

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 一 印度古代精神文化の輪廓 / p1
  • 二 佛陀とその覺證-十二因縁と四聖締- / p7
  • 三 佛敎の阿毘達磨的展開 / p20
  • 經律論の成立-佛敎とギリシャ思想との接觸-阿畏達磨の性格-說一切有部-その他の諸部派-クシャナ王朝統治下の佛敎の縣勢-大乗經典の成立
  • 四 龍樹の中觀說-空と假- / p33
  • (1) 根本中論-八不-戯論寂滅-空性・勝義諦-空用
  • (2) 空義・世俗諦-假設-中道
  • (3) 空の悪了解へのいましめ-空の行道-般若波羅蜜-般若空に於ける淨土敎思想-假と織
  • (4) 龍樹と諸大乗經典
  • (5) 提案の諸百論の傾向
  • 五 無著-世親の瑜伽唯織-空への道の設定確立- / p52
  • (1) 瑜伽唯織の抬頭とその文化的地位
  • (2) 三時の法論
  • (3) 空性論に對する織論-三性說の設定
  • (4) 唯識無境と識無への道
  • (5) 唯識縁起の當相
  • (6) 識の空無-轉識得智-無の有
  • (7) 空無の慧より無の有の智なる悲へ-唯識の宗敎性-佛身說についての中觀說との相異
  • (8) 唯心の解釋についての中觀と唯識との相異
  • 六 如來藏思想 -空・法性の歴史的實踐- / p84
  • (1) 空意一乘寶性論の如來藏說
  • (2) 縁起が如來藏
  • (3) 般若を超えた如來藏
  • (4) 如來藏の自体の義、佛の誓願
  • (5) 如來藏の因の義 (大乗法の信解、般若波羅蜜、虚空藏三昧、大悲)
  • (6) 如來藏の果の義 (如來法身功徳としての四波羅蜜、光明無量と壽命無量)
  • (7) 瑜伽唯識との相似性非相似性
  • 七 中觀瑜伽の歷史的交渉 付 淸辨の敎系 / p126
  • 八 プラーサンギカ中觀派 / p144
  • 九 スヷータントリカ派と瑜伽唯識 / p153
  • (1) 中觀自立派-中觀經量派
  • (2) 有相唯識と無相唯識
  • (3) 唯識派の中論釋と觀誓の般若燈論復釋
  • (4) 瑜伽中觀派
  • (5) 瑜伽中觀派の別流-獅子賢の現觀莊嚴論宗
  • A獅子賢の學流
  • B現觀莊嚴の系譜
  • C現觀莊嚴論の歴史的性格
  • Dチベットの中觀宗
  • E現觀莊嚴論の内容概說
  • F現觀莊嚴論に於ける瑜伽唯識的要素
  • 一○ 中觀思想の密敎化 / p195

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 般若思想史
著作者等 山口 益
書名ヨミ ハンニャ シソウシ
出版元 法蔵館
刊行年月 1953 2版
版表示 ワイド版
ページ数 202p
大きさ 19cm
ISBN 4831873101
NCID BA34502750
BA44918325
BN09654883
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
55013217
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想