きつねつきの科学 : そのとき何が起こっている?

高橋紳吾 著

きつねをはじめとするケモノ、祖先や死んで間もない肉親の霊、最近では「宇宙意識体」のようなものまでが人にとり憑いたかに見えるツキモノが、精神医学の現場では確実に観察されます。憑かれた本人は、あたかもそれらに身体を占拠されたかのようになり、はたから見れば、本当にきつねや死んだ肉親になってしまうのです。しかし、なぜこんなことが起こるのでしょうか。そのとき、本人の心のなかはどうなっているのでしょうか。本書では「憑依」というきわめて不可思議な現象に最新の精神医学の立場からせまります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 キツネが憑くとき
  • 第2章 よみがえる死者
  • 第3章 うしろの正面だあれ
  • 第4章 ツキモノと精神医学
  • 第5章 文化と憑依
  • 第6章 キツネツキの記号
  • 第7章 憑依と多重人格
  • 第8章 変性意識と憑依
  • 第9章 不思議の国のアリス
  • 第10章 現代都市と憑依

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 きつねつきの科学 : そのとき何が起こっている?
著作者等 高橋 紳吾
書名ヨミ キツネツキ ノ カガク
書名別名 Kitsunetsuki no kagaku
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1993.9
ページ数 215, 3p
大きさ 18cm
ISBN 4061329855
NCID BN09648905
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94000929
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想