<男らしさ>のゆくえ : 男性文化の文化社会学

伊藤公雄 著

近年のフェミニズム潮流のなかで、<男らしさ>は抑圧する性として指弾されてきた。本書は、<男らしさ>の神話の起源を尋ね、その神話の解剖をとおして、<男らしさ>の鎧からの解放を説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 <男らしさ>の戦後社会史
  • 2 <男らしさ>の現在-男たちはどこへ向かえばいいのか
  • 3 <男らしさ>と近・現代社会
  • 4 <男らしさ>の革命と挫折-イタリア・ファシズムにおける性と政治
  • 5 <男らしさ>の重荷-チェーザレ・パヴェーゼの生と死
  • 6 男の性もまたひとつではない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 <男らしさ>のゆくえ : 男性文化の文化社会学
著作者等 伊藤 公雄
書名ヨミ オトコラシサ ノ ユクエ
出版元 新曜社
刊行年月 1993.9
ページ数 214p
大きさ 20cm
ISBN 4788504596
NCID BN0964860X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93067289
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想