羽毛と寝具のはなし : その歴史と文化

羽毛文化史研究会 編

人はいつから鳥の羽を寝具として利用するようになったのだろうか。羽毛製品はどのように発展・普及していったのだろうか。ヨーロッパ、アジア、そして日本における鳥と寝具と人間にかかわるエピソードを交えながら綴る羽毛文化史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 羽毛と寝具の文化史について
  • 1 住まいと寝具(ヨーロッパの羽毛と寝具の文化史
  • アジアの住まいと寝具材料
  • 寝具の特性と歴史-日本の場合
  • 近代日本の文学と寝具)
  • 2 羽毛と人間(羽毛と鳥の生活
  • 羽毛の物性
  • 海を渡った日本産羽毛
  • 羽毛織物の発明家、大橋国富の生涯)
  • 3 羽毛と社会・文化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 羽毛と寝具のはなし : その歴史と文化
著作者等 羽毛文化史研究会
書名ヨミ ウモウ ト シング ノ ハナシ
出版元 日本経済評論社
刊行年月 1993.7
ページ数 202p
大きさ 22cm
ISBN 4818806811
NCID BN09644551
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93067370
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想