A.E.ハウスマン詩論 : 詩の名称と本質

A.E.ハウスマン 著 ; 鈴木富生 ほか訳

古典学者として鋭い論究を展開したハウスマンは、「詩は知的というより、身体的である」と言う。更に、詩は「牡蛎の中の真珠のように病的な分泌物」であると論じ、詩の源泉を究明する。学匠詩人ハウスマンの面目躍如たる詩論。詩作と鑑賞への好指針。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 A.E.ハウスマン詩論 : 詩の名称と本質
著作者等 Housman, A. E.
Housman, Alfred Edward
鈴木 富生
丸谷 晴康
小幡 武
ハウスマン A.E.
書名ヨミ エイ イー ハウスマン シロン
書名別名 The name and nature of poetry
出版元 八潮出版社
刊行年月 1993.7
ページ数 166p
大きさ 19cm
ISBN 489650092X
NCID BN09638923
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93057330
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想