ハプスブルク家の人々

菊池良生 著

20世紀に滅亡するまで、700年にわたってドイツ、オーストリアに君臨したヨーロッパ最大の名家。その栄光と没落にかかわった様々な人物たち。歴史の蒼然たる棲家の水銀伝説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ハプスブルク家の人々(ハプスブルク家のエピゴーネンたち-二つの博士論文との出合い
  • ルドルフ・フォン・ハプスブルク-ドイツ王になった貧乏伯爵
  • ルドルフ四世
  • フリードリッヒ三世
  • マクシミリアン二世
  • フリードリッヒ五世
  • フランツ二世<一世>フランツ・カール大公
  • マクシミリアン大公
  • ヨハン大公
  • 皇太子ルドルフ
  • マチルデ大公女
  • ハプスブルク家の女たち)
  • ハプスブルク家とその周辺(ハプスブルク家とその周辺を彩る十人の英雄
  • ハプスブルク家とその周辺を巡る謎の十大事件)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハプスブルク家の人々
著作者等 菊池 良生
書名ヨミ ハプスブルクケ ノ ヒトビト
出版元 新人物往来社
刊行年月 1993.8
ページ数 237p
大きさ 20cm
ISBN 4404020430
NCID BN09636542
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94039359
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想