日本仏教史綱  上卷

村上専精 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 總論 / 1
  • 第一期 三論・法相時代 / 16
  • 第一章 佛敎の初傳及び物部・中臣二氏と蘇我氏の爭 / 16
  • 第二章 推古朝の興佛幷びに聖德太子の出世 / 21
  • 第三章 三論・成實兩宗の傳來 / 26
  • 第四章 三論・成實兩宗の起原及び其敎義 / 31
  • 第五章 法相宗の傳來及び其宗の大德 / 35
  • 第六章 法相・俱舍兩宗の起原及び其敎義 / 40
  • 第七章 大化改新以後の趨勢 / 44
  • 第八章 東大寺及び國分寺の建立 / 50
  • 第九章 華嚴宗の傳來幷びに其起原及び敎義 / 55
  • 第十章 戒律宗の傳來及び鑒眞和上の事蹟 / 63
  • 第十一章 戒律宗の起原及び其敎義 / 67
  • 第十二章 皇室・貴族の歸依及び諸寺の造營(一) / 72
  • 第十三章 佛敎と政治の關係 / 77
  • 第十四章 佛敎に關する制度(一) / 81
  • 第二期 天台・眞言時代 / 87
  • 第一章 天台・眞言の開立及び兩宗の入唐求法 / 87
  • 第二章 南都佛敎の大勢 / 93
  • 第三章 傳敎大師及び其門下 / 100
  • 第四章 天台宗の起原及び其敎義 / 105
  • 第五章 叡山の戒壇創立 / 113
  • 第六章 弘法大師及び其門下 / 118
  • 第七章 眞言宗の起原及び其敎義 / 124
  • 第八章 眞言宗分派の淵源 / 130
  • 第九章 益信・聖寶の二僧正幷びに其門下 / 135
  • 第十章 寛朝・仁海仁僧正の出世 / 141
  • 第十一章 東密事相の分流 / 145
  • 第十二章 密敎の隆盛幷びに修法法會 / 151
  • 第十三章 慈覺大師及び其門下 / 157
  • 第十四章 智證大師及び其門下 / 163
  • 第十五章 叡山の隆盛及び慈慧僧正の出世 / 168
  • 第十六章 山・寺二門の分立 / 173
  • 第十七章 慧心・檀那の二僧都及び慧・檀兩流の異義 / 179
  • 第十八章 天台圓敎の分流 / 185
  • 第十九章 台密事相の分流 / 190
  • 第二十章 東・台兩密の關係幷びに異同 / 195
  • 第二十一章 山・寺二門及び南北の軋轢 / 200
  • 第二十二章 覺鑁上人の出世幷びに古義・新義分派の濫觴 / 206
  • 第二十三章 淨土敎の漸興及び空也上人の出世 / 212
  • 第二十四章 融通念佛宗の開立及び良忍上人の出世 / 217
  • 第二十五章 皇室・貴族の歸依及び諸寺の造營(二) / 223
  • 第二十六章 佛敎に關する制度(二) / 228
  • 解題 / 235
  • 寫眞解說 / 1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本仏教史綱
著作者等 村上 専精
書名ヨミ ニホン ブッキョウ シコウ
書名別名 Nihon bukkyo shiko
シリーズ名 日本文化名著選
巻冊次 上卷
出版元 創元社
刊行年月 1939
ページ数 2冊
大きさ 18cm
NCID BN09631866
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58002527
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想