源氏物語の研究 : 物語流通機構論

稲賀敬二 著

[目次]

  • 序章 物語流通機構論の輪郭第1部 作品成立の周辺(私の源氏物語
  • 「交野の少将」と「隠れ蓑の中将」は果して兄弟か
  • 落窪物語の作者・補作者
  • 皇女と結婚した中納言兼左衛門督
  • 広本系住吉物語の「蔵人の少将」
  • 住吉物語・広本系と流布本系
  • 枕草子実録的章段の虚構性
  • 枕草子・解釈と系統覚書
  • 「畳」に座した「草子」の演出
  • 紫式部日記逸文資料「左衛門督」の「梅の花」の歌
  • 紫式部日記と「日記歌」と「集」
  • 孝標女の初恋の人は「雫に濁る人」か
  • 康平三年「寝覚」成立・仮設
  • 後期物語の精神と支盤
  • 堤中納言物語をめぐる二、三の問題)
  • 第2部 源氏物語の伝流・流通(源氏物語世界への憧憬と沈潜
  • 中世源氏物語注釈の一問題
  • 東山文庫本「七豪源氏」所載の注釈資料
  • 品定め十八段区分の源流と展開
  • 異端の爪あと
  • 創作的注釈が描く源氏物語像)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 源氏物語の研究 : 物語流通機構論
著作者等 稲賀 敬二
書名ヨミ ゲンジ モノガタリ ノ ケンキュウ
シリーズ名 源氏物語 258
笠間叢書 258
出版元 笠間書院
刊行年月 1993.7
ページ数 387p
大きさ 22cm
ISBN 4305102587
NCID BN09630320
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94038577
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想