クルイロフ寓話集

クルイロフ [著] ; 内海周平 訳

ロシア文学のなかに強固な伝統をもつ国民詩のジャンル、寓話。帝政ロシアの重圧下に生きた劇作家・諷刺作家クルイロフは、この文学形式に痛烈な現実批判の性格を与えることにみごと成功している。1篇1篇が短いドラマともいうべきその作品は今日まで絶えることなく読みつがれてきた。全203篇の散文訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 鴉と狐
  • 樫の木と葦
  • 音楽家たち
  • 鴉と鶏
  • 小箱
  • 蛙と牛
  • 婿選びのやかましい娘
  • パルナッソス
  • 神託を授ける神
  • 矢車草
  • 木立と火〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クルイロフ寓話集
著作者等 Krylov, Ivan Andreevich
内海 周平
Крылов И.А.
クルイロフ
書名ヨミ クルイロフ グウワシュウ
書名別名 Басни

完訳

Kuruirofu guwashu
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1993.9
ページ数 303p
大きさ 15cm
ISBN 4003264711
NCID BN09629693
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94008780
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想