盛り場の民俗史

神崎宣武 著

香具師の口上が盛り立てる祭りの賑わい、欲望うごめく夜の歓楽街。そこに通いつめる人がいて、そこを仕事場とする人がいる。伝統的な盛り場が消えつつある今、長年の民俗調査にもとづき、その空間を鮮やかに分析し、歴史的な歩みを明らかにする。江戸から現在まで続く稀有な盛り場、上野広小路を主舞台に、哀歓こめて描く聞き語りの世界。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 那覇・国際通り
  • 1章 盛り場の昼
  • 2章 盛り場の夜
  • 終章 盛り場のトポス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 盛り場の民俗史
著作者等 神崎 宣武
書名ヨミ サカリバ ノ ミンゾクシ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1993.9
ページ数 227p
大きさ 18cm
ISBN 4004303001
NCID BN09624281
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94008163
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想