全体主義と政治暴力 : ヒトラーとスターリンの「血の粛清」

デーヴィッド・クレイ・ラージ 著 ; 大西哲 訳

1930年代、ナチズムとロシア共産主義によっておこなわれた二つの粛清を豊富な資料をもとに再現しながら、「千年王国」風の理想と約束をかかげて人々の心をとりこにしていった全体主義国家の恐怖と欺瞞を、冷静な歴史家の筆で綴る迫真の現代史ドキュメント。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 長いナイフの夜-ナチス・ドイツと血の粛清、1934年
  • 「革命はその子供たちを食い殺す」-スターリンの大粛清
  • 解説 20世紀の黙示録-ヒトラーとスターリン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 全体主義と政治暴力 : ヒトラーとスターリンの「血の粛清」
著作者等 Large, David Clay
大西 哲
ラージ デーヴィッド・クレイ
書名ヨミ ゼンタイ シュギ ト セイジ ボウリョク
書名別名 Between two fires

Zentai shugi to seiji boryoku
出版元 三交社
刊行年月 1993.7
ページ数 202p
大きさ 20cm
ISBN 4879191159
NCID BN09623890
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93056459
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想