ヨーロッパとは何か : 分裂と統合の1500年

クシシトフ・ポミアン 著 ; 松村剛 訳

ローマ末期から20世紀初頭まで、<分裂>と<統合>を軸に政治と文化の歩みをたどる。ヨーロッパ精神文化の深層を構造的に把握し、目下直面する困難・課題を歴史的に理解するための発見的記述に富む個性的通史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ローマと異民族
  • 第2章 異教、キリスト教、ローマ帝国
  • 第3章 新たなラテン世界
  • 第4章 カロリング朝の組織の核
  • 第5章 ヨーロッパの出現
  • 第6章 内部破裂から拡大へ
  • 第7章 封建社会から身分社会へ
  • 第8章 最初のヨーロッパ統合
  • 第9章 エリート文化の革新-ローマへの回帰
  • 第10章 信仰の源への回帰-ヨーロッパの宗教的統一の終焉
  • 第11章 ヨーロッパの政治と軍事-中心地の移動
  • 第12章 第2のヨーロッパ統合-文芸共和国
  • 第13章 第2のヨーロッパ統合-宮廷、サロン、フリーメイソン
  • 第14章 戦争、絶対主義、近代化、革命
  • 第15章 アメリカとロシアの間で
  • 第16章 フランス革命、ヨーロッパ文化、国民文化
  • 第17章 諸国家の道-西欧
  • 第18章 民主主義、産業、国民統合
  • 第19章 諸国家の道-中欧と東欧
  • 第20章 第1次世界大戦まで
  • あとがき-第3のヨーロッパ統合に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨーロッパとは何か : 分裂と統合の1500年
著作者等 Pomian, Krzysztof
松村 剛
ポミアン クシシトフ
書名ヨミ ヨーロッパ トワ ナニカ
書名別名 L'Europe et ses nations
出版元 平凡社
刊行年月 1993.9
ページ数 289p
大きさ 20cm
ISBN 4582473296
NCID BN09615473
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94002142
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想