二宮尊徳の人間学的研究

下程勇吉 著

[目次]

  • 二宮尊徳の人間学的研究 目次
  • 口絵(一) 幸野楳嶺筆「秋日田舎図」
  • 口絵(二) 二宮尊徳の肖像
  • 口絵(三) 二宮尊徳の筆蹟
  • 口絵(四) 常州真壁郡青木村桜川〆切用水高堰之図及びその現状
  • 第一章 序説 / p1
  • 第一節 後世にのこすもの / p2
  • 第二節 二宮尊徳の生涯 / p9
  • 第二章 二宮尊徳における「人間の条件」 / p29
  • 第一節 勤倹力行の模範人物としての二宮尊徳 / p30
  • 第二節 人間の条件(その一)「つながる力」 / p41
  • 第三節 人間の条件(その二)「はたらく力」 / p70
  • 第四節 人間の条件(その三)「味わう力」 / p92
  • 第五節 人間の条件(その四)「もちこたえる力」 / p97
  • 第三章 二宮尊徳と時代の問題 / p133
  • 第一節 時代の問題-農民の窮乏化 / p134
  • 第二節 各階級の代弁者の見解 / p170
  • 第四章 民政家としての二宮尊徳 / p215
  • 第一節 農政家としての二宮尊徳 / p216
  • 第二節 政治家としての二宮尊徳 / p258
  • 第五章 仕法家としての二宮尊徳 / p285
  • 第一節 技術人としての二宮尊徳 / p286
  • 第二節 経済人としての二宮尊徳 / p312
  • 第六章 教育者としての二宮尊徳 / p349
  • 第一節 二宮尊徳の教学理念 / p350
  • 第二節 報徳教育 / p388
  • 第七章 二宮尊徳の哲学 / p431
  • 第一節 二宮尊徳の哲学の性格 / p432
  • 第二節 日常的世界の構造 / p448
  • 第三節 本体論 / p467
  • 第四節 開闢論 / p481
  • 第五節 天道と人道 / p501
  • 第六節 我が身の元 / p531
  • 第七節 天地とともに行く道 / p567
  • 第八節 勤倹譲の一円行道 / p586
  • 第九節 報徳溯源即開闢元始の道 / p609
  • 第八章 「神儒仏正味一粒丸」-日本思想史における二宮尊徳 / p629
  • 第一節 神道的系譜-「開国の道」 / p630
  • 第二節 仏教信仰の段階-「治心の道」 / p659
  • 第三節 儒教的段階-「治国の道」 / p689
  • 第四節 基督者とのつながり / p710
  • あとがき / p739
  • 索引 / p771
  • 二宮尊徳年表 / p773

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 二宮尊徳の人間学的研究
著作者等 下程 勇吉
書名ヨミ ニノミヤ ソントク ノ ニンゲンガクテキ ケンキュウ
出版元 広池学園出版部
刊行年月 1965
版表示 増補版
ページ数 773p 図版
大きさ 22cm
ISBN 4892052167
NCID BN01558547
BN09613922
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65001362
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想