処女懐胎

アンドレ・ブルトン, ポール・エリュアール 著 ; 服部伸六 訳

戦前検閲で削除されていた「恋愛」の章を加えた本邦初完訳。ブルトン、エリュアールの自動記述の重要な実験記録。自動記述によって無意識や潜在意識にひそむ神秘の扉がひらく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人間(受胎
  • 子宮内の生命
  • 生誕
  • 生活
  • 死)
  • 憑きもの(神経衰弱擬似症の実験
  • 強烈な偏執狂の擬似症の実験
  • 全身麻睡擬似症の実験
  • 表現錯乱擬似症の実験
  • 早発性痴呆症擬似症の実験)
  • 仲介するもの(習慣の力
  • おどろき
  • わからないことはひとつもない
  • 自然の感情
  • 恋愛
  • 生成の思想)
  • 原判決

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 処女懐胎
著作者等 Breton, André
Éluard, Paul
服部 伸六
Breton Andre
エリュアール ポール
ブルトン アンドレ
書名ヨミ ショジョ カイタイ
出版元 思潮社
刊行年月 1971
版表示 〔新装版〕
ページ数 134p
大きさ 19cm
ISBN 4783727546
NCID BN05698934
BN11679231
BN09606213
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75026859
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想