古典派経済学研究

楊井克巳, 大河内一男, 大塚久雄 編

矢内原忠雄先生還暦記念論文集 上巻

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 目次
  • 刊行の辞
  • 重商主義における<Trade>の意味について 大塚久雄 / p1
  • 旧植民地分制批判としての反植民主義思想の擡頭 川田侃 / p21
  • アダム・スミスにおける労働者型 大河内一男 / p45
  • アダム・スミスと国民時得分析 木村健康 / p64
  • アダム・スミスの交通論 今野源八郎 / p90
  • リスト農業理論の基盤-スミス学説体系との対比の一局面について- 松田智雄 / p118
  • 経営学の発達と古典学派-ドイツを中心として- 柳川昇 / p135
  • 差額地代と収穫逓減法則 大内力 / p150
  • マルクス価値論と古典経済学-価値形態論と労働価値説(一)- 玉野井芳郎 / p172
  • マルクスの価値尺度論 宇野弘蔵 / p202
  • マックス・ウェーバーにおける近代資本主義と資本主義の精神 張漢裕 / p223

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 古典派経済学研究
著作者等 大塚 久雄
大河内 一男
楊井 克巳
矢内原 忠雄
書名ヨミ コテンハ ケイザイガク ケンキュウ
出版元 岩波書店
刊行年月 1958
ページ数 266p 図版
大きさ 22cm
NCID BN09604014
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59006800
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想