アルチュセールの思想 : 歴史と認識

今村仁司 著

唯物論的発展段階説、人間疎外論、社会主義革命論-。マルクス主義は硬直した言説に覆い尽されている。それら矮小なレッテルを退け、アルチュセールは、マルクスの思想をその可能性の中心において読み解く。歴史と社会に関する科学的認識の理論として。空前の哲学革命・科学革命の理論としてのマルクス主義を未来へ向けて再生し、構造主義=ポスト構造主義への地平を拓いた現代思想の巨人の全体像を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 新版序論 アルチュセールのアクチュアリティー
  • 第1章 アルチュセールの哲学への一般的序論
  • 第2章 マルクス主義と認識論
  • 第3章 理論的実践の構造
  • 第4章 理論的実践の一例
  • 第5章 歴史と弁証法
  • 第6章 歴史と認識-アルチュセールとアルフレート・シュミット
  • 第7章 思想と政治-アルチュセールとジョン・ルイス
  • 第8章 マルクス主義と社会科学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アルチュセールの思想 : 歴史と認識
著作者等 今村 仁司
書名ヨミ アルチュセール ノ シソウ
書名別名 Aruchuseru no shiso
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1993.8
ページ数 396p
大きさ 15cm
ISBN 4061590898
NCID BN09600997
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93062335
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想