トットの欠落帖

黒柳徹子 著

何かひとつ自分だけの才能を見つけようとあらゆる事に努力し挑戦したトット。クラシック・バレー、犬の調教、オペラの演出、九官鳥の言葉の先生etc.そして、音楽学校を卒業したトットはNHKのテレビ女優でデビュー。ある日突然、予想もしない悲しいことに気がついた=欠落人間だ。しかし、トットの発想にはそれなりの訳がある。いま、噂の魅惑の欠落ぶりを自ら正しく伝えます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 欠落帖を書こう、と思った、わけ
  • 「精進湖」の眺め
  • 「わんこそば」
  • ペンギン
  • 「見ましたか?」
  • 病院
  • 「私は、なんにもしていません!」
  • 手袋
  • 車のドア
  • マイクロフォン
  • 相撲
  • アンパイヤ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トットの欠落帖
著作者等 黒柳 徹子
書名ヨミ トット ノ ケツラクチョウ
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1993.8
ページ数 371p
大きさ 15cm
ISBN 4101334056
NCID BN09582250
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94003047
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想