「反日感情」韓国・朝鮮人と日本人

高崎宗司 著

三六年間にわたり隣国を植民地として蹂躪し、人々を強制連行したり、「従軍慰安婦」とした戦前。このことに対し、積極的に償いをしてこなかった戦後。隣国との歴史を再検討し、日本に対する彼らの不信感の根拠を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 韓国人の日本観 「古い傷」と「新しい傷」
  • 第1章 韓国は「反日教育」をしているのか
  • 第2章 未解決のままの補償問題
  • 第3章 批判される日本の歴史教科書
  • 第4章 指紋押捺は必要だったのか
  • 第5章 天皇と朝鮮人
  • 第6章 被徴用者と遺族の訴え
  • 第7章 「従軍慰安婦」問題と「反韓感情」
  • 第8章 日朝交渉の経過と問題点
  • 第9章 日本の「誇れない歴史」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「反日感情」韓国・朝鮮人と日本人
著作者等 高崎 宗司
書名ヨミ ハンニチ カンジョウ カンコク チョウセンジン ト ニホンジン
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1993.8
ページ数 217p
大きさ 18cm
ISBN 406149158X
NCID BN09578264
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93064008
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想