いつ起こる小惑星大衝突 : 恐竜絶滅と人類の危機をさぐる

地球衝突小惑星研究会 著

6500万年前、恐竜は絶滅した。その原因として有力視されているのが小惑星の地球への衝突である。ではもし同じような規模の衝突が将来あった場合、地球はどのような打撃を受けるのか。人類が生き延びる手立てはあるのだろうか。そもそも、そのような大衝突はどのくらいの規模と確率で起こるのであろう。昨今ようやく真剣に考えられはじめたこれらの問題を、現代科学の英知を結集して検証してみようとするのが本書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 恐竜は絶滅した
  • 2 小惑星の衝突による恐竜の絶滅
  • 3 惑星系の誕生
  • 4 小惑星は衝突するか
  • 5 小惑星衝突のエネルギー
  • 6 人類の滅亡を防ぐには

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いつ起こる小惑星大衝突 : 恐竜絶滅と人類の危機をさぐる
著作者等 地球衝突小惑星研究会
書名ヨミ イツ オコル ショウワクセイ ダイショウトツ
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1993.8
ページ数 192, 3p
大きさ 18cm
ISBN 4061329812
NCID BN09557355
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93064235
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想