戦後日本国家の諸問題

神山茂夫 著

[目次]

  • 目次
  • 序 / p3
  • 序説-問題はどこにあるか- / p15
  • 第一部 戦後日本国家の諸問題 / p23
  • 第一章 旧天皇制の本質について / p29
  • 一、旧天皇制にかんする論争の終結 / p29
  • 二、極東裁判にからまる「伝説」 / p36
  • 三、社会民主主義者の最近の見解 / p40
  • 第二章 戦後日本の民族問題 / p46
  • 一、戦後日本と民族問題 / p46
  • 二、戦略・国家論争の要点とその評価 / p54
  • 第三章 戦後日本国家機構の変化 / p63
  • 一、国家機構はどう変ったか / p63
  • 二、日本軍国主義の復活とわれわれの展望 / p72
  • 附論 MSA援助と日本国家 / p83
  • 一、歴史と現実と未来との混同 / p84
  • 二、戦略問題の鍵としての国家権力 / p92
  • 三、国家論の要点 / p99
  • 四、戦前・戦後の天皇制 / p104
  • 第二部 農業・農民問題 / p113
  • 第一章 日本農業の概況 / p118
  • 一、日本農業のごくあらましの姿 / p118
  • 二、日本の農業は誰によって、どのように営まれているか / p124
  • 第二章 日本農業と資本主義 / p137
  • 一、資本主義の基本的経済法則と農村・農業のかんけい / p137
  • 二、太平洋戦争中の変化 / p149
  • 三、共産党の基本的立場と労農同盟 / p153
  • 第三章 「農地改革」と農民の基本的要求 / p165
  • 一、戦後「農地改革」の歴史的意義 / p165
  • 二、農民の要求の中心点 / p177
  • 三、農地改革の結果にたいする二つの評価 / p181
  • 第四章 労農同盟の強化のために / p189
  • 一、労働者階級と農民との同盟 / p189
  • 二、当面の要求と農民統一戦線のために / p197
  • 附論 農業理論における伊藤律の誤謬の要点 / p206
  • 第三部 人民民主主義をめぐる諸問題 / p235
  • 第一章 現在の理論的到達点と実践的成果の要約 / p235
  • 第二章 日本における論争-前期 / p242
  • 一、「平和革命論」について / p242
  • 二、人民民主主義にかんする諸氏の見解 / p248
  • 三、私の見解 / p257
  • 第三章 日本における論争-後期 / p270
  • 一、コミンフォルムの批判と世界人民民主主義革命の発展 / p270
  • 二、第一九中総を中心にしてあらわれた諸氏の見解 / p276
  • 三、日本における人民民主主義革命論争の終結 / p290
  • 第四章 東欧における人民民主主義革命 / p296
  • 一、東欧の革命の第一段階-民族解放民主革命 / p296
  • 二、民主主義革命と社会主義革命とのからみあい / p300
  • 三、社会主義への発展 / p304
  • 四、農業の社会主義的改造 / p315
  • 五、人民民主主義経済政策の本質と最近の「緩和政策」 / p320
  • 第五章 資本主義諸国における人民主主義革命 / p329
  • 一、イギリスの社会主義への道 / p329
  • 二、フランス・イタリアのたどっている道 / p335
  • 第六章 植民地革命と人民民主主義 / p342
  • 一、中国の人民民主主義革命 / p342
  • 二、新民主主義革命の本質 / p344
  • 三、インド共産党の新綱領 / p352
  • 結論-革命理論上の問題点と私の自己批判- / p359
  • 附錄 / p364

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 戦後日本国家の諸問題
著作者等 神山 茂夫
書名ヨミ センゴ ニホン コッカ ノ ショモンダイ
シリーズ名 社会科学選書
出版元 青木書店
刊行年月 1953
ページ数 412p
大きさ 19cm
NCID BN09551701
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59003461
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想