經史説林

研經會 編著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 王陽明の万物同体観 文学士 三島復 / 1
  • 老子教の源流 文学士 手塚光貴 / 20
  • 周礼考 安井小太郎 / 33
  • 静坐 山田準 / 76
  • 老子弁 文学博士 高瀬武次郎 / 90
  • 朱子は如何に其学術を組織せしか 小柳司気太 / 97
  • 支那天子の名義と其古代祭天 文学博士 星野恒 / 141
  • 読説難 本城@ / 168
  • 周代学制考 林泰輔 / 184
  • 支那文字の構造及び発達に関する西人の研究 飯島忠夫 / 211
  • 韓非の学を論ず 島田鈞一 / 228
  • 四書の心理的表象 文学博士 遠藤隆吉 / 244

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 經史説林
著作者等 研經會
書名ヨミ ケイシ セツリン
出版元 文昌閣
刊行年月 1909
ページ数 250, 5p
大きさ 23cm
NCID BN09547340
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21330984
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想