琳派美術館  3 (抱一と江戸琳派)

桃山末期から江戸末期にかけ、純粋な装飾的表現を追及した琳派芸術の全貌と真髄を展観する初の画集。酒井抱一の抒情性、鈴木其一の鋭敏な感覚、池田孤邨の淡麗な色彩。江戸で変容し華開いた作品群。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 江戸における琳派の受容と展開
  • 叙情の造形
  • 鋭敏な感覚
  • 琳派江戸へ
  • 洒脱の追求
  • 淡麗の追求
  • 抱一回帰
  • 多士済々
  • 間隙の向こう側-抱一筆『夏秋草図屏風』について
  • 風神雷神図の展開
  • 奇抜な構図と"だまし"の仕掛け

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 琳派美術館
著作者等 安村 敏信
書名ヨミ リンパ ビジュツカン
書名別名 抱一と江戸琳派

Rinpa bijutsukan
巻冊次 3 (抱一と江戸琳派)
出版元 集英社
刊行年月 1993.9
ページ数 139p
大きさ 31cm
ISBN 4085810030
NCID BN09539896
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94004282
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想