教科書裁判から教育を考える : 「最高裁判決」を通して

教育科学研究会, 梅原利夫 編

教育をだれがどう決定するのか?広く教育に関わる憲法論議の中に位置づけ、教科書裁判と28年におよぶ運動を総括し、これからの教育、教育実践の課題を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 教科書裁判の意義
  • 第2部 「最高裁判決」を批判する
  • 第3部 教科書裁判二八年と私
  • 第4部 これからの教科書問題と教育の課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教科書裁判から教育を考える : 「最高裁判決」を通して
著作者等 教育科学研究会
梅原 利夫
書名ヨミ キョウカショ サイバン カラ キョウイク オ カンガエル
書名別名 Kyokasho saiban kara kyoiku o kangaeru
シリーズ名 「教育」別冊 7
出版元 国土社
刊行年月 1993.7
ページ数 181p
大きさ 21cm
ISBN 4337460160
NCID BN09530993
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93059696
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想