台湾 : 四百年の歴史と展望

伊藤潔 著

一六二四年、大航海時代のオランダ支配に始まり、今日までの四百年に近い台湾の歴史は、「外来政権」による抑圧と住民の抵抗の記録である。外来政権はオランダ(スペイン)、鄭氏政権、清国、日本そして国民党政権である。では近年の目覚ましい経済発展の要因はどこにあったか。また急速な民主化の進捗は、対中国との関係で台湾をどのように変貌させるだろうか。一九九三年の「シンガポール会談」も踏まえ、歴史を描き、将来を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 大航海時代の波しぶき
  • 第1章 オランダ支配下の台湾
  • 第2章 鄭氏政権下の台湾
  • 第3章 清国の台湾領有と初期の経営
  • 第4章 台湾民主国
  • 第5章 日本統治の基礎づくり
  • 第6章 日本植民地下の近代化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 台湾 : 四百年の歴史と展望
著作者等 伊藤 潔
書名ヨミ タイワン
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1993.8
ページ数 252p
大きさ 18cm
ISBN 4121011449
NCID BN09529393
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93065500
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想