海南朱子学発達の研究

糸賀国次郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 土佐に於ける儒學文化の濫觴 / 1
  • 第二章 海南朱子學の發現 / 7
  • 第三章 南村梅軒 / 11
  • 第四章 梅軒の學統 / 19
  • 第五章 天質門下の逸才 / 37
  • 第六章 時中門下の諸士 / 45
  • 第七章 三省門下 / 87
  • 第八章 兼山門下 / 95
  • 第九章 三省兼山兩子に師事せる者 / 99
  • 第十章 闇齋門下 / 105
  • 第十一章 一齋門下の諸士 / 177
  • 第十二章 淺見絅齋門下 / 213
  • 第十三章 佐藤直方・三宅尚齋の門下-尾池存齋 / 232
  • 第十四章 秦山家學 / 235
  • 第十五章 秦山門下 / 257
  • 第十六章 秦山交友-安藝恒實・小原正明・馬詰敬親・中村恒亨 / 311
  • 第十七章 黑岩慈菴門下-桂井素菴 / 321
  • 第十八章 長澤潜軒門下-飯室與五右衞門・土岐重元 / 327
  • 第十九章 三宅觀瀾門下-中村嘉種 / 329
  • 第二十章 稻葉迂齋門下-箕浦秦川・同進齋 / 331
  • 第二十一章 小野鶴山門下-戶部愿山 / 339
  • 第二十二章 西依成齋門下 / 343
  • 第二十三章 古賀精里及び賴春水門下と精里門下 / 357
  • 第二十四章 篠崎小竹門下-遠近鶴鳴及び其の門下樋口彬齋・木戶鶴洲及び田邊家豪 / 363
  • 第二十五章 安積艮齋門下 / 367
  • 第二十六章 山口管山門下 / 383
  • 第二十七章 坂井虎山門下-山本迂齋 / 389
  • 第二十八章 間崎滄浪門下 / 391
  • 第二十九章 竹村東野門下 / 405
  • 第三十章 海南朱子學に關する遺訓 其の一(南學遺訓卽ち海南先儒の遺訓) / 411
  • 第三十一章 海南朱子學に關する遺訓 其の二(大高坂芝山の遺訓) / 419
  • 第三十二章 海南朱子學に關する遺訓 其の三(谷泰山の遺訓) / 443
  • 第三十三章 海南朱子學の精神と其の影響 / 447
  • 第三十四章 海南朱子學の我が國朱子學派中に於ける地位 / 463
  • 第三十五章 大内氏・菊池氏・薩南及び海南の文學と明治維新の鴻業との關係 / 493
  • 附錄
  • 淺見絅齋の人物と學業 / 535
  • 佐藤直方の人物と學業 / 551
  • 參考書目及び論說 / 566

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 海南朱子学発達の研究
著作者等 糸賀 国次郎
書名ヨミ カイナン シュシガク ハッタツ ノ ケンキュウ
出版元 成美堂書店
刊行年月 昭和10
ページ数 572p
大きさ 23cm
NCID BN09528470
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46089357
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想