文学研究科英文学専攻十周年記念論文集

[目次]

  • 目次
  • はしがき・三神勲
  • 『名声の館』について・繁尾久 / 1
  • A Comparative Study of More's Utopia and Bacon's New Atlantis・Isao Satō / 16
  • ロバート・ウィルソンの作品における「単純」とレイフについて・杉本栄司 / 31
  • エリザベス朝の紳士について-青年紳士の教育を中心とする-・橋本辰次郎 / 44
  • Dr.Faustus and the Morality Tradition・Hiroshi Ohkawa / 61
  • 提督劇団のレパートリー・システムについて・甲斐寛美 / 78
  • シェイクスピアにおける「賢明な道化」・尾島典孝 / 91
  • 喜劇第一作としての『間違いつづき』・平岡郁朗 / 103
  • Ariel and Caliban in The Tempest・Shōzō Takahashi / 114
  • ダンの『エレジー』-「形而上詩人」の出発・秋葉隆三 / 125
  • ジョン・ダンのウィットと詩的気質-`The Flea'と`The Canonization'から-・岸本吉孝 / 140
  • 禅と『失楽園』・近藤正栄 / 152
  • 諷刺小説としての『ガリヴァー旅行記』-「諷刺」と「時代性」・関裕三郎 / 164
  • Matthew Arnold's Use of the Bible in His Culture and Anarchy・Teruko Nagai / 176
  • ペイターの皇帝論-Marcus AureliusのImagi ary Portrait-・萩原博子 / 188
  • The Enigmatic Melville and His Two Tragic Sea Tales・L.H.Saito / 202
  • ディキンソンの現代性・新倉俊一 / 219
  • J.M.シング小論-The Playboy of the Western Worldの-解釈-・青木義明 / 233
  • Stephen's Sense of Vocation A Note on A Portait of the Artist as a Young Man・Nozomu Yagyu / 248
  • ジョイスの「死せる人々」について・渡辺仁 / 266
  • Graham Greene as a Writer of Passion Plays・Takeshi Naruse / 277
  • The Heart of the Matter-<あわれみ>の悲劇-・近内トク子 / 295
  • ユリシーズと百合若伝説-ギリシア文学の移入経路とその展開-・吉原冨三男 / 309
  • マーク・トウェンの作品に現われた方言の発音・沢田敬也 / 321
  • Beowulfにおける否定語について・三上敏夫 / 339
  • シングの作品に現われた語法とゲーリック語との関係について・藤森一明 / 355
  • 無定形文のコンテクスト・小日向哲 / 366
  • Affectivity in Language-a brief survey of affective devices in English-・Yutaka Hayashi / 378

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 文学研究科英文学専攻十周年記念論文集
著作者等 明治学院大学大学院
明治学院大学.大学院
書名ヨミ ブンガク ケンキュウカ エイブンガク センコウ 10シュウネン キネン ロンブンシュウ
書名別名 Bungaku kenkyuka eibungaku senko 10shunen kinen ronbunshu
出版元 明治学院大学大学院
刊行年月 1966
ページ数 394p
大きさ 21cm
NCID BN09505748
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56014059
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想