自然研究

セネカ [著] ; 茂手木元蔵 訳

ストア派の思想家セネカにとっての「自然研究」とは「道徳研究」のことである。ここで取り扱われている自然とは、雷、虹、風、地震などの自然現象であるが、これらの自然現象が人心に与えるもろもろの影響を、分別ある知恵をもって処理する必要を、本書では説いている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 大気中の火<光>について
  • 電光と雷について
  • 陸地の水について
  • ナイル川について
  • 雹と雪について
  • 諸種の風について
  • 地震<陸地の震動>について
  • 彗星について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自然研究
著作者等 Seneca, Lucius Annaeus
茂手木 元蔵
Senecae L.Annaei
セネカ L.A.
書名ヨミ シゼン ケンキュウ
書名別名 Seneca:naturales quaestiones

自然現象と道徳生活

Shizen kenkyu
出版元 東海大学出版会
刊行年月 1993.6
ページ数 391p
大きさ 22cm
ISBN 4486012186
NCID BN09498201
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94027217
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想