塩の道

平島裕正 著

[目次]

  • 目次
  • はじめに
  • 塩の意義
  • 塩なくて-- / p12
  • 塩とはなにか / p17
  • 塩の発見
  • 人類と食物 / p31
  • 火の発見と塩 / p36
  • 塩を得る道
  • 塩と人と動物 / p41
  • 食習慣と塩 / p48
  • 温泉と塩 / p52
  • 塩と植物
  • 「無塩の野菜」 / p58
  • アツケシソウ / p62
  • 塩と民話
  • 多い弘法大師の伝説 / p67
  • 山男と塩 / p72
  • 異説・『忠臣蔵』の発端 / p80
  • わが国の製塩法
  • 創始者、塩土老翁 / p84
  • 藻塩焼きと直煮法 / p90
  • 入浜塩田の実態 / p97
  • 枝条架・流下式製塩法 / p106
  • 十州塩
  • 塩田の条件 / p110
  • 塩田の土質構造 / p116
  • 塩釜神社の分布
  • 塩田との関係 / p119
  • 塩座
  • 中世の塩業組合 / p125
  • 製塩業者の規約 / p129
  • 大名家の名産 / p132
  • 塩の生産・流通機構
  • 軍事に密着 / p136
  • 沖売りと岡売り / p142
  • 牛糞から塩分補給 / p145
  • 塩と迷信
  • 塩は友情のしるし / p147
  • 海水浴のいわれ / p151
  • 和布刈の神事 / p156
  • 塩は神のもの / p159
  • 塩と味
  • 塩は塩を呼ぶ / p163
  • 武家の食事 / p166
  • 「鹹」と「塩」の字義 / p170
  • 塩の用いかた / p172
  • 塩と地名
  • 藻塩焼く風情 / p176
  • 各地にある「アヅミ」 / p182
  • 地名から姓氏へ / p187
  • 治療に使われた塩泉 / p193
  • 塩に縁のあるもの / p201
  • 塩の効用
  • 調味と保存 / p206
  • 醤油・味噌と塩 / p211
  • 塩を使った民間療法 / p214
  • 現代工業に欠かせぬ塩 / p217
  • 潮と日本
  • 黒潮のナゾ / p223
  • 潮流と栽培漁業 / p227
  • 海の神と海女
  • 国造りと浦島説話 / p232
  • オコゼと神 / p237
  • 海女と海人 / p239
  • おわりに

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 塩の道
著作者等 平島 裕正
書名ヨミ ソルトロード
出版元 オリオン社
刊行年月 1966
ページ数 244p
大きさ 19cm
NCID BN09495757
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66007771
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想