詩的レトリック入門

北川透 著

ことばはどこから作品となるのか。作品はなにによって詩となるのか。豊かな詩的経験に基づいたあざやかな直観力と縦横無尽の解析力で、余白、意味、イメージ、喩、語り手、型式など詩のレトリックを、具体例をわかりやすく参照し、人名や用語の注釈も加え、実践的に解き明かす。詩の歴史的な変遷と、同時代の言語論や他の言語領域との境界線も見据えて、入門書としても、本質的原理論として味わえる北川詩学の集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 レトリックの誘惑
  • 2 余白論の試み
  • 3 詩と散文のあいだで
  • 4 詩作品の<語り手>とは-詩・短歌・俳句における<私>
  • 5 詩的意味論の試み
  • 6 未知の像-詩的比喩論の試み
  • 7 反喩の構造-詩的仮構論の試み
  • 8 詩的境界について
  • 9 詩型論の試み

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 詩的レトリック入門
著作者等 北川 透
書名ヨミ シテキ レトリック ニュウモン
書名別名 Shiteki retorikku nyumon
出版元 思潮社
刊行年月 1993.5
ページ数 332, 14p
大きさ 19cm
ISBN 4783715556
NCID BN09491020
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93047925
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想