経済学研究の栞

東京商科大学一橋新聞部 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 新版の刊行にあたつて
  • 例言
  • 第一章 重商主義・吉川要 水田洋 / 1
  • 序論
  • 一、 重商主義の生成・發展・解體
  • 二、 重商主義の諸解釋
  • 三、 重商主義の本質
  • 補論 重商主義の周邊
  • 第二章 重農主義・坂田太郎 / 37
  • 一、 概説
  • 二、 その時代と思想的先蹤
  • 三、 學派の成立とケネーの『人間論』
  • 四、 『經濟表』
  • 五、 自然的秩序
  • 第三章 古典學派・高島善哉 / 79
  • 一、 總説
  • I 古典派經濟學の生成
  • II 古典派經濟學の核心
  • III 古典派經濟學の解消
  • 二、 古典派經濟學の諸問題
  • I 自然法的基礎
  • II 勞働生産力價値の問題
  • III 自然價格と所得の問題
  • IV 勞働價値論における資本と土地の問題
  • V 古典派經濟學における發展の問題
  • 三、 古典派經濟學の評價
  • 第四章 歴史學派・板垣興一 / 131
  • 一、 總説
  • 經濟學における歴史意識
  • 二、 歴史學派の生成
  • 三、 歴史學派の成立
  • 四、 歴史學派の形成
  • 第五章 社會主義經濟學・平館利雄 / 185
  • 一、 機械制大工業の批判者
  • リカード派社會主義者
  • 二、 資本主義的社會の經濟的運動法則の暴露
  • 三、 帝國主義時代におけるレーニン、スターリンによる發展
  • 第六章 限界利用學派・山田雄三 / 231
  • 一、 近代理論としての限界利用學派
  • 二、 學派の成立
  • 三、 普及の時代
  • 四、 一九一〇年以後
  • 五、 最近-主としてヴィーン學派の消息
  • 第七章 數理經濟學派・中山伊知郎 久武雅夫 / 257
  • 一、 レオン・ワルラスの一般均衡理論
  • 二、 ワルラスまでの數理經濟學
  • 三、 英米における數理經濟學
  • 四、 動態化及び総計化の傾向
  • 五、 一般均衡理論の發展
  • 六、 數理經濟學の本質と方法
  • 七、 數理經濟學文献の所在
  • 第八章 計量經濟學・杉本榮一 山田勇 / 283
  • 一、 經濟學における理論的數量的研究と經驗的數量的研究との綜合
  • 二、 理論經濟學の側よりする兩研究綜合への要望
  • 三、 經濟統計學の側よりする兩研究綜合への要望
  • 四、 理論經濟學と時間の導入
  • 五、 統計技術的手段の考案と經濟理論の檢證
  • 六、 計量經濟學的研究の鳥瞰圖的スケッチ
  • 需要および供給研究
  • 七、 計量經濟學的研究の鳥瞰圖的スケッチ
  • 互視の動態的研究
  • 八、 計量經濟學的研究の鳥瞰圖的スケッチ
  • 微視的研究と互視的研究との綜合
  • 九、 計量經濟學的研究の鳥瞰圖的スケッチ
  • 物價指數および生産指數
  • 一〇、 計量經濟學における最近の諸問題
  • 第九章 新古典學派・小泉明 / 325
  • 一、 新古典學派の礎石
  • 二、 新古典學派の確立
  • 三、 ケインズ革命
  • 附録 經濟學通史文献・一橋新聞部 / 357

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経済学研究の栞
著作者等 東京商科大学
東京商科大学一橋新聞部
一橋大学一橋新聞部
東京商科大学一橋新聞部
書名ヨミ ケイザイガク ケンキュウ ノ シオリ
出版元 春秋社
刊行年月 昭和23
版表示 学生版
ページ数 389p
大きさ 19cm
NCID BN1447428X
BN09476300
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46010292
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想