バイオ裁判 : バイオ時代の人権と予研裁判

芝田進午 編

厚生省傘下の国立予防衛生研究所<予研>は、大量の病原体、組み換え遺伝子、放射性物質、有害化学物質、実験動物を扱う日本最大の病原体・遺伝子組み換え実験施設である。当然、その感染実験等による排気・排水等によって周辺の環境・生態系が汚染され、バイオ時代の新しい公害である「生物災害」を発生させる危険性は否定できない。ところが予研は、日本で最大の過密地域といわれる東京・新宿区の住宅密集地-障害者施設・早大に隣接する狭い土地への移転を密かに計画し強行した。厚生省・予研の立場は、危険な病原体等を扱う巨大実験施設は、どんな人口密集地に立地されてもかまわないというのだが…。本書は、諸科学の総合によって「バイオ公害予防の法理」を確立しようとするわが国初の試みであり、未来世代へ向けた人権と環境を守る法廷大論争の記録である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なぜ予研の移転と実験の差し止めを提訴するか
  • 予研の移転と実験の差し止め提訴のための序論
  • 原告請求内容の補足
  • 住民・早大と予研のこれまでの論争の総括
  • 早稲田大学はなぜ予研移転に反対するのか
  • 予研移転差し止め請求の意味
  • 予研移転の民主的手続きの欠如と非"適地"性
  • 予研は障害者への差別を止めよ
  • 予研はなぜ環境影響評価を怠り「予防衛生」を破壊するのか〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バイオ裁判 : バイオ時代の人権と予研裁判
著作者等 芝田 進午
書名ヨミ バイオ サイバン
書名別名 Baio saiban
出版元 晩声社
刊行年月 1993.8
ページ数 575p
大きさ 20cm
ISBN 4891882344
NCID BN09446999
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94038092
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想