文化学としての日本学

楠正弘 著

本書は、神道・仏教・儒教・キリスト教などの教義論的観点に支えられて展開してきた従来の"日本文化の伝播論・固有論"の絶対的な立場を超えて、世界の文化の特殊性を認めつつ、そのなかに日本文化の特質を索出しようとする"相対主義的・類型論的日本論"の立場にたって、新しい<日本学>の確立をめざす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 石田英一郎氏の日本文化論(日本文化の伝播性
  • 日本文化の特質
  • 西洋文明の基層と日本文化の基層
  • キリスト教の基層と仏教の基層
  • 日本と西洋との出会い)
  • 第2部 和辻哲郎氏の日本的風土(風土とは何か
  • モンスーン的風土
  • 沙漠的風土
  • 牧場的風土
  • 日本的風土-モンスーン的風土の特殊形態)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文化学としての日本学
著作者等 楠 正弘
書名ヨミ ブンカガク ト シテノ ニホンガク
出版元 創文社
刊行年月 1993.6
ページ数 237, 7p
大きさ 22cm
ISBN 4423150182
NCID BN09435631
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95072241
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想