大和銀行四十年史

大和銀行四十年史編纂委員 編

[目次]

  • 大和銀行四十年史
  • 目次
  • 前史
  • 一、 野村家の創始 / 1
  • 二、 有価証券現物問屋開業 / 8
  • 三、 証券業界における地位確立 / 16
  • 四、 野村三兄弟について / 28
  • 五、 野村得庵と趣味生活 / 31
  • 六、 初代頭取野村元五郎小伝 / 37
  • 本史
  • 大阪野村銀行時代
  • 一、 創業 / 43
  • 二、 開業前後の社会経済情勢 / 50
  • 三、 当行の立場と初期の営業 / 54
  • 四、 証券部門の活躍 / 62
  • 五、 反動不況下の当行 / 65
  • 六、 取引所との関係 / 70
  • 七、 関東大震災とその影響 / 72
  • 八、 大阪瓦斯会社の外資肩代り / 77
  • 九、 野村証券株式会社の創立 / 78
  • 一〇、 店舗網の拡充 / 80
  • 一一、 営業機構と役員の動き / 83
  • 一二、 業績の進展と行名変更 / 88
  • 野村銀行時代前期
  • 一、 昭和金融恐慌に際会して / 91
  • 二、 銀行の整理合同と当行の他行吸収 / 97
  • 三、 中小企業金融と当行の活動 / 101
  • 四、 金解禁問題と野村徳七 / 104
  • 五、 大阪屋の整理 / 114
  • 六、 金輸出再禁止後の金融界と当行の進路 / 119
  • 七、 非常時への移行と当行の躍進 / 124
  • 八、 産業金融の拡充 / 129
  • 九、 店舗の増設と業務組織の改革 / 131
  • 一〇、 業績の概況 / 135
  • 一一、 野村合名会社と関係事業 / 140
  • 野村銀行時代中期
  • 一、 戦時財政金融の概観 / 149
  • 二、 資金統制下に初回の増資 / 156
  • 三、 戦時下の貯蓄吸収 / 159
  • 四、 軍需融資への道 / 164
  • 五、 国債消化について / 167
  • 六、 経済体制の変革と当行の営業基盤 / 170
  • 七、 金融新体制の出現 / 176
  • 八、 東京方面における業務態勢の強化 / 180
  • 九、 決戦体制下の金融 / 182
  • 一〇、 業務機構の推移 / 186
  • 一一、 野村信託の併合 / 190
  • 一二、 社長の更迭と役員の動き / 196
  • 一三、 西日本無尽会社への経営参加 / 203
  • 一四、 戦争末期の状況 / 204
  • 一五、 戦時中における業況の変化 / 209
  • 野村銀行時代後期
  • 一、 占領下の日本 / 213
  • 二、 戦後のインフレーションと金融緊急措置 / 215
  • 三、 窮迫した物資需給 / 222
  • 四、 財閥の解体と経済の民主化 / 226
  • 五、 戦時補償の打切りとその影響 / 241
  • 六、 経済の再編成 / 246
  • 七、 戦後における当行の業務対策 / 250
  • 八、 融資規制下の財政金融情勢 / 259
  • 九、 当行の再建整備 / 263
  • 大和銀行時代
  • 一、 大和銀行の発足 / 271
  • 二、 経済安定政策の実施 / 275
  • 三、 ディス・インフレーション政策の展開 / 281
  • 四、 安定政策下の当行 / 288
  • 五、 外国為替業務への進出 / 293
  • 六、 朝鮮動乱とその後の景況 / 298
  • 七、 支店網の拡充と内部体制の整備 / 306
  • 八、 行員の養成 / 310
  • 九、 資本蓄積・貯蓄増強の要請と当行 / 315
  • 一〇、 消費景気から引締政策へ / 325
  • 一一、 店舗造営の進捗 / 331
  • 一二、 金融の正常化と当行の貸出業務 / 334
  • 一三、 景気の過熱化と再度の引締政策 / 338
  • 一四、 金融市場の変動 / 342
  • 一五、 数量景気以後の当行 / 346
  • 一六、 海外活動とプルダニア銀行の創立 / 352
  • 一七、 創業四十周年を目前にして / 355
  • 信託部門史
  • 一、 わが国における初期の信託業 / 363
  • 二、 信託法、信託業法の制定と信託会社の発展 / 367
  • 三、 大阪信託の経営 / 370
  • 四、 信託業界の動向と大阪信託の業況 / 381
  • 五、 野村信託時代へ / 385
  • 六、 投資信託の創始 / 389
  • 七、 上海支店について / 393
  • 八、 戦争期の信託業界と野村信託 / 396
  • 九、 信託業界の編成替 / 402
  • 一〇、 苦難期の信託業 / 406
  • 一一、 局面打開方策 / 411
  • 一二、 経済の復興と業界の動向 / 413
  • 一三、 付帯業務と担保附社債信託 / 418
  • 一四、 業務分野の調整問題 / 423
  • 制度機構の沿革 / 425
  • 支店小史 / 547
  • 野村信託株式会社の沿革 / 753
  • 付表
  • 年表
  • あとがき
  • 別刷図版

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 大和銀行四十年史
著作者等 大和銀行
大和銀行四十年史編纂委員
書名ヨミ ダイワ ギンコウ シジュウネンシ
書名別名 Daiwa ginko shijunenshi
出版元 大和銀行
刊行年月 1958
ページ数 767, 44, 69p 図版23枚
大きさ 27cm
NCID BN09429038
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20404865
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想