シュミットとシュトラウス : 政治神学と政治哲学との対話

ハインリヒ・マイアー 著 ; 栗原隆, 滝口清栄 訳

カール・シュミット『政治的なものの概念』の各版とレオ・シュトラウス「カール・シュミット『政治的なものの概念』への注解」を厳密に考証し、両者の間に成立していた<その場に居合わせない者たち>の対話をあとづける。微に入り細を穿ちつつ、テクストの行間にシュミットの人と時代を読み取り、政治神学と政治哲学との根本的な差異を明らかにした文献学的研究。シュトラウス「注解」および「シュミット宛書簡」を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • カール・シュミット、レオ・シュトラウス、そして『政治的なものの概念』-<その場に居合わせない者たち>の対話のために
  • カール・シュミット『政治的なものの概念』への注解
  • カール・シュミット宛の三通の書簡

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シュミットとシュトラウス : 政治神学と政治哲学との対話
著作者等 Meier, Heinrich
栗原 隆
滝口 清栄
マイアー ハインリヒ
書名ヨミ シュミット ト シュトラウス
書名別名 Carl Schmitt,Leo Strauss und 》Der Begriff des Politischen《

Shumitto to shutorausu
シリーズ名 りぶらりあ選書
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1993.7
ページ数 187p
大きさ 20cm
ISBN 4588021478
NCID BN09425718
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93062529
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想