左翼知識人の理論責任

高橋彦博 著

戦争の問題、憲法の問題。政党の問題、労働運動の問題。学問の問題における知識人の理論責任を問う。変革のための対案を提示しながら自己目的化したイデオロギー批判の不毛性を衝く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 主体としての戦争責任論(戦争責任論の欠落部分-左翼の側の権威主義
  • 加害責任の自覚
  • 民衆の側の権威主義)
  • 2 政治責任としての理論責任(左翼的発言の欠落部分
  • 国家社会主義の崩壊は社会運動史研究になにを問うているか
  • 発信人不明の「社会科学」-『社会科学総合辞典』の学問性
  • 左翼知識人の理論責任)
  • 3 可能性としての変革理論(憲法原理の再構成
  • 労働運動史の再構成-「連合時代」の労働運動
  • 政治改革論の再構成
  • 政党イメージの再構成)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 左翼知識人の理論責任
著作者等 高橋 彦博
書名ヨミ サヨク チシキジン ノ リロン セキニン
出版元 窓社
刊行年月 1993.7
ページ数 233p
大きさ 20cm
ISBN 4943983707
NCID BN09408479
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94031850
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想