倭人伝を徹底して読む

古田武彦 著

倭人伝に、「倭人は帯方の東南大海の中に在り…」という条がある。著者・陳寿をはじめ当時の中国人は"大海"の語に、どんなイメージを托したのだろうか。例えば、この様な問いを発することなくして、原文の解釈は一歩も進まないはずだ、とする著者が、魏志倭人伝を遂語的に総点検する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『三国志』以前の倭と倭人
  • 第2章 日本の文献に見る倭
  • 第3章 倭人伝以前の倭
  • 第4章 帯方の東南大海の中に在り
  • 第5章 里程論
  • 第6章 記された国名
  • 第7章 戸数問題
  • 第8章 剣・矛・戈
  • 第9章 銅鏡百枚
  • 第10章 倭人伝の詔勅
  • 第11章 朝廷の多元性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 倭人伝を徹底して読む
著作者等 古田 武彦
書名ヨミ ワジンデン オ テッテイシテ ヨム
シリーズ名 魏志倭人伝
朝日文庫
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1992.8
ページ数 402p
大きさ 15cm
ISBN 4022607181
NCID BN09398182
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92057229
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想