超能力ははたしてあるか : 科学vs.超能力

大槻義彦 著

科学のモットーは「実事求是」である。事実にもとづいて、真実を求めることだ。その科学の"鏡"に超能力を写してみると、どんな"姿"が見えるのだろう?本書を読めば、この世に現れた超能力と、その謎解きをする科学の双方を読者は楽しむことができる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 "スプーン曲げ"を力学から見れば
  • 2 "勘違い"も超能力のうち?
  • 3 「気」の"超力学"の謎を解く
  • 4 超能力は磁気を生むか?
  • 5 電気もあやつる超能力…?
  • 6 超能力は光学をゆるがせるか?
  • 7 あるのかないのか、"水晶パワー"と"透視"
  • 8 "カタカナ超能力"の正体
  • 9 超常現象は量子力学を越えられるか?
  • 10 それでも残る「ナゼ?」を解く
  • 11 結論、そして読者へのアドバイス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 超能力ははたしてあるか : 科学vs.超能力
著作者等 大槻 義彦
書名ヨミ チョウノウリョク ワ ハタシテ アルカ
書名別名 Chonoryoku wa hatashite aruka
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1993.7
ページ数 267, 2p
大きさ 18cm
ISBN 4061329758
NCID BN09395650
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93057805
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想