物理と実在 : 創り出された自然像

Bruce Gregory 著 ; 亀淵迪 訳

物理学は何だろう?物理学を学ぶ者ならば一度は自らに問い掛けてみたことがあるのではなかろうか。本書はこのような問いに真っ向から挑み、一つの明確な解答を与えた比類なき書物である。「物理学とは自然を語るための一種の言語にすぎない」この独創的な著者の自然観を補強している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 始めに言葉ありき
  • 2 力-かけがえのない概念
  • 3 場-必要不可欠な概念
  • 4 原子-まことに功妙な考え方
  • 5 時空-この不思議な統一
  • 6 物質の本性-この計り知れないもの
  • 7 パラドックス-厳然としてあるもの
  • 8 空間-限りない豊かさ
  • 9 対称性-この遍きもの
  • 10 W、Z場-想像力の極み
  • 11 クォークの色-この言いようのないもの
  • 12 物理学者の想像力-この見事なもの
  • 13 数学の本質-この不思議なもの
  • 14 言語の力-言語を絶するもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物理と実在 : 創り出された自然像
著作者等 Gregory, Bruce
亀淵 迪
書名ヨミ ブツリ ト ジツザイ
書名別名 Inventing reality

Butsuri to jitsuzai
出版元 丸善
刊行年月 1993.6
ページ数 323p
大きさ 19cm
ISBN 4621038559
NCID BN09362174
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93052170
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想