ルネサンス

樺山紘一 著

本書では、これまで異口同音に語られてきた単調で理想化されすぎるルネサンス像を退け、もっと人間くさい歴史像を「現代」というフィルターを通して考察、その華やかな時代の光の部分のみならず陰の部分にも焦点をあてて、総合的にルネサンスを捉えた。最新の知見に基づく待望のルネサンス論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 ルネサンス像の転換
  • 1 ルネサンスの人と文化(ルネサンスとは
  • ローマとギリシア
  • 都市と自然
  • 生と死
  • 宮廷と広場
  • 万能と個人
  • 造型と音声 ほか)
  • 2 ルネサンスの宇宙(西欧の文明観
  • 歴史の遠近法
  • 商業の発展が生んだ至福の時代
  • ジェノヴァの商人
  • ペストと死 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルネサンス
著作者等 樺山 紘一
書名ヨミ ルネサンス
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1993.7
ページ数 299p
大きさ 15cm
ISBN 4061590839
NCID BN09357403
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93056458
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想