女探偵アガサ奔る

胡桃沢耕史 著

ぼくの伯母さん・アガサは、なんとロス一の腕利き私立探偵なんだ。マフィア幹部の未亡人で、日系人社会の女長兵衛。その上マリリン・モンローの親友だったというから凄いだろう。受験浪人のぼくは母をだまして留学したものの、勉強なんてそっちのけで…FBI、CIAを手玉にとる日系熟年美女アガサの活躍を描く痛快ミステリー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1話 自殺室
  • 第2話 殺し屋を殺せ
  • 第3話 ベニスの血の歌
  • 第4話 味方は本能寺
  • 第5話 コスタ・メサの盟約
  • 第6話 大相撲ロス場所
  • 第7話 メリークリスマス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女探偵アガサ奔る
著作者等 胡桃沢 耕史
書名ヨミ オンナ タンテイ アガサ ハシル
書名別名 Onna tantei agasa hashiru
シリーズ名 文春文庫
出版元 文芸春秋
刊行年月 1987.1
ページ数 282p
大きさ 16cm
ISBN 4167402025
NCID BN09352002
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87017921
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想