女の河

平岩弓枝 著

代議士の息子・北沢彰一により深く傷つけられた若き五辻桂。大企業と政界のさまざまな思惑がうごめく中、大庭公平は純愛を貫くことができるのだろうか-。一方、積もり積もった夫への不信感は、美しき土屋美也子にある決断をさせる。高度経済成長期を生きる男と女の哀しみを描いた平岩弓枝ドラマシリーズの傑作長篇ロマン。

「BOOKデータベース」より

美しきヒロイン美也子は、三十歳の年の差婚で、秘書から大東商事のトップ土屋大和の後妻となった。誰もがうらやむ玉の輿に隠された生活の秘密。一方、美也子の弟・公平は、大東商事の支倉康郎のフィアンセ五辻桂と熱烈な恋に落ち、関係者の歯車は大きく狂いはじめる。日本とイタリアを舞台に繰り広げられる圧巻のロマンス小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女の河
著作者等 平岩 弓枝
書名ヨミ オンナ ノ カワ
シリーズ名 文春文庫
出版元 文芸春秋
刊行年月 1981.11
版表示 新装版
ページ数 2冊
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-771021-7
NCID BB11824063
BN09334780
BN11145372
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
82004439
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想