酔って候

司馬遼太郎 著

幕末の混迷期、なす術を知らない三百諸侯のなかで、自らの才質をたのみ、また世間の期待を集めた「賢侯」たち。かれら土佐の山内容堂、薩摩の島津久光、伊予宇和島の伊達宗城、肥前の鍋島閑叟は「藩主なるがゆえに歴史の風当りをもっともはげしく受け、それを受けることによって痛烈な喜劇を演じさせられた」。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 酔って候
著作者等 司馬 遼太郎
書名ヨミ ヨッテ ソウロウ
シリーズ名 文春文庫
出版元 文芸春秋
刊行年月 1975
版表示 新装版
ページ数 318p
大きさ 16cm
ISBN 4167663104
NCID BA63977900
BN09326319
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75073613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
きつね馬 司馬 遼太郎
伊達の黒船 司馬 遼太郎
肥前の妖怪 司馬 遼太郎
酔って候 司馬 遼太郎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想