刑法総論

曽根威彦 著

今日的テーマを含む刑法学の基本問題を網羅的に取り上げつつコンパクトにまとめられた概説書として好評を博した旧版に、かみ砕いた説明や具体例等を加えて全面的に手直し、更に理解しやすくなった、現在の水準を示す標準的教科書の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 刑法の基礎(刑法および刑法学
  • 刑法の機能
  • 罪刑法定主義
  • 刑法の効力
  • 刑法の理論)
  • 第2編 犯罪の理論(犯罪概念と犯罪論体系
  • 行為論
  • 構成要件論
  • 違法論
  • 責任論
  • 故意犯論
  • 過失犯論
  • 錯誤論
  • 不作為犯論
  • 未遂犯論
  • 共犯論
  • 罪数論)
  • 第3編 刑罰の理論(刑罰の種類
  • 刑の適用
  • 刑の執行
  • 刑罰の消滅
  • 保安処分)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 刑法総論
著作者等 曽根 威彦
書名ヨミ ケイホウ ソウロン
シリーズ名 法律学講義シリーズ
出版元 弘文堂
刊行年月 1993.6
版表示 新版.
ページ数 313, 12p
大きさ 22cm
ISBN 4335320280
NCID BN09305352
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93054757
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想